レインが尻尾の骨肉腫になって、情報があればとネットサーフィンしましたが、全く出てこなかった。だから、コンシェルジュと同じように探す方がいるかも知れないと思い、忘れないうちになるべく詳しく書こうと思いました。少しでもネコさんの飼い主さんの役に立てたら嬉しい。

そして、レインにも元気になってもらって長生きして欲しい。

この下の方には手術後のレインのしっぽの写真が掲載されています。見たくない方は見ないでくださいね。辛くなっちゃう方もいらっしゃるかもしれない…と思います。なので、最初にいっぱい文章書いちゃえ、シリーズとなっています。

まだこんな感じにのびのびとは眠れないレインです

退院3日目

朝9時までは膝の上でしたが、お尻を手で支えなくても大丈夫になってきました。尻尾両サイドは物が触れても少し我慢できるようになりましたが、尻尾の先切断面を縫って閉じてあるところは何が触ってもダメです。ビビビビになります。

座るとちょうど尻尾の先が床につく長さなので、座ることが出来ません。腰を降ろそうとするときは床に尻尾が触れるとビビビビなので、だから腰をいつも浮かして座るようになっています。辛いよね、その姿勢は。降ろそうとしても降ろせない、腰をフッフッと浮かす仕草が当たり前になっています。

朝9時トイレに行ってから自分でベッドに飛び乗りベッドの上で寝るようになってくれました。尻尾が毛布に触るのを我慢できるようになってきたようです。

やあっとコンシェルジュが眠れるようになりました。仮眠できるようになって少し体力が回復しました。

夜、ベッドでレインと一緒に眠ることが出来ました。レインはずっとコンシェルジュのそばから離れず一緒に寝てくれたので助かりました。

安心して眠ってたよね、尻尾はバランス撮るのにとっても大切だった

退院4日目

朝起きると吐き戻した毛玉発見!10cmもあります。白いさ〜ん。誰ですかぁ〜?太い毛玉だからルグリかな?ニコラかな?夏にサマーカットして、この頃毛が長くなって、こんな大きな毛玉を吐いたのは、今冬初めて。週2回のラキサトーンの量を増やしてはいるけど、不安だなぁ。

シルヴィがドライを吐きました。少しずつファミリーはレインに近づいてくるようになってはいますが、まだパニックは無くなっていないようです。食欲は皆戻りつつあるようです。

午後1時ころレインがウ○チ、今の所1日おきでしょうか。

レインが自分一人で寝られるようになってホッとしています。尻尾をカラーの外に出して舐めようとしたり、かじろうとしたりするのが続いているので、目が覚めているときに目を離さないように気をつけねばなりません。いつ眠っていつ起きるのか、何回も様子を見るようになりました。起きているときはレインの後を追いかけながら様子見するようになりました。

今日もレインはベッドでコンシェルジュと一緒に寝てくれました。膝の上は必要がなくなってきています。乗っても少しだけになりつつあります。

ファミリーが次から次と甘えてきます。みんな我慢してたんだねぇ。ゴメンね。ストレス溜まってるよね。

 

やっと尻尾が布に触れても我慢して眠れるようになって良かったね。退院したかばかりのときはまだ出血してたものね。尻尾が床につくたび床に血がついてしまっって痛々しかったね