IMG_6493ココちゃのお顔おだやかでしょ

IMG_6486こんなに大きな毛玉を

IMG_6488両脇腹にぶらさげて

IMG_6271さわらせてくれなかったの

IMG_6519はさみで毛玉切ったら

IMG_6518見えるでしょ、またやちゃった

皮膚を傷つけてしまいました(泣)

獣医さんに、毛玉バリカンでカットしてもらいました。獣医さんの所ではおとなしくしてくれたので、麻酔をかける事無くザンバラ髪になりました。獣医さんは毛玉だけをバリカンで取るだけと思っていたようで、その周りもカットをお願いしたらかわいそうでいやだなぁとおっしゃりながらもカットして下さいました。やってみる?とコンシェルジェにバリカンを手渡して下さり恐る恐るやってみました。ココちゃはうちのおじさんには心を許すのでうちのおじさんがココちゃが暴れないように押さえてくれていたのでほんの少しだけカットしてみました。獣医さんのバリカンは音が静かでこのバリカンだったらココちゃでも大丈夫そうだと思いました。

でもって、心配した皮膚の傷はたいしたことないそうで、治療をする必要なし。。そのまま放っとけば治るという事でした。良かった良かった。ほっとしたよ、ココちゃ。

IMG_6524我が家に帰ると

IMG_6537きもちよさそうで

IMG_6526すやすや、ばくす〜い

IMG_6487こんなに大きな毛玉がなくなって

IMG_6539気分が良くなったんだね

IMG_6272カット前と

IMG_6540カット後では

ココちゃの顔つきや態度が変わって穏やかになって来たように思います。ココちゃは毛玉が出来たら獣医さんに毛玉を取ってもらうのがいいねとうちのおじさんと実感したコンシェルジュでした。ただ一つ問題が、連れて行こうとすると暴れてパニック状態になるココちゃをどう慣らして行くか…これが大問題。今回もうちのおじさんが大格闘してココちゃをケージの中に入れてくれました。30分以上かかったのよね…流血の騒ぎになったし…

IMG_6489我が家でバリカンでカット出来るといいんだけど…

我が家でやったらもっと流血の騒ぎになるのはわかってるし、その前にまず捕まえられないし…難題なんだなぁこれが…

IMG_6541正面から観るとザンバラ髪になっているように見えないココちゃですがIMG_5959この頃は顔と頭しか撫でさせてくれなかったのに今は背中も少し撫でさせてくれるようになりました。

この背中の手触りがまたとっても気持ちいいのよね触る方の人間が!(笑)

 

<ATPマスターズ1000トロント>

ウィンブルドンでの途中棄権からまだ治り切っていない中での参戦の錦織君。いつ棄権してもおかしくないと心配してみていましたが、ドローにも恵まれ、脇腹も何とか持ってくれてジョコとの決勝。ここまで来られると思わなかったからユ○ク○ブラザーズ対戦を観られて嬉しい。ここ迄来るとやっぱり欲が出ちゃうよね、優勝して欲しいって!

う〜ん。お兄ちゃんのストロークの確実性には脱帽。ラケットにボールが吸い付いているように見えるよ、ほんっとに強いお兄ちゃんだねぇ。隙なさすぎだって。

錦織君、マスターズ1000準優勝おめでとう!

次はオリンピックですね。メダルを目指すと言ってる錦織君、怪我をしてても参戦し続ける錦織君を全力応援!