毛球症、腸閉塞対策で今年の5月から週2回ファミリーに投与中。

頭数と投与量が多いのでラキサトーンをケース買いをしています。1ケースで12本が2ヶ月位でなくなってしまう!😨

ラキサトーンのおかげか?毛玉を吐き出すことが減りました。毛玉ケアのドライだけではマフィンの毛をウ◯チとして出すのはなかなか期待が難しいかもしれないと思います。ラキサトーンを投与してからウ◯チに白い毛が入っているのが分かるようになった。黒いさんの毛は見落としがちになってしまうけど、黒いさんも毛玉をほとんど吐かなくなっているので、このまま続けようと思います。

<ラキサトーンの個別投与方法>

テディが1番最初と決まっている、他の仔の後だと身構えて抵抗するようになるから。耳と頭を左手で抑えて口を開けて、右横から口の中へ入れる。1回しか出来ないので多めに入れる1回で4〜5cm

ナイトも1回だけしか出来ない、2回やろうとするとものすごく抵抗するから。1回だと、とてもおとなしくて左手で頭をくるんで口を開けて、上顎に4〜5cmくっつけるとなめて飲み込んでくれる。

美人さんも1回だけ4〜5cm、ナイトと同じで上顎につけるとなめてくれる。美人さんはこの頃ラキサトーンと分かると抵抗するのが強くなってきた。

ジュリアン、本当におとなしい子。2回に分けて口に入れさせてくれる。1回に2〜3cm上顎にくっつけると涙をひと粒を流しながらなめてくれる。ジュリアンはラキサトーンの日に鼻のお掃除もやる日です。

白いさんはファミリー全員涙一粒💧涙を出されると、かわいそうになってしまう💦白いさんだけの特徴です。

シルヴィは抱かれるだけで震えているのが伝わる。ジュリアンも震える。怖いのかな?シルヴィも優しい子なので2回に分けてなめてくれる。1回2〜3cm上顎にくっつけるとゆっくりと舐めて飲み込むので1回めと2回目の間に少し時間を置くようにする。

ルグリはラキサトーンの前に、耳の掃除と目やに取り、今は目やにが固まってしまうので目薬をつける、を最初にやります。ルグリも優しい子なのでラキサトーンは2回、1回2〜3cmを上顎につけると舐めてくれます。

レインは短毛なのでラキサトーンは強制ではないのだけれど、このごろ年とともに草を食べられなくなっているので草の代用としてラキサトーンを投与しています。そのせいか、お通じが良いみたいです。毛はショートでもアンダーコートが深くて沢山抜ける子なのでグルーミングが好きで沢山毛を飲み込んでしまう可能性があるので、レインにはラキサトーンが必要かなと思います。

レインもお利口さんなので、2回。1回2〜3cm を上顎につけると舐めてくれます。歯や歯茎にラキサトーンがついてしまうので、終わったあとは必ずお口の周りをウェットティッシュで拭きます。

<手がかかるお二人さんマチューとニコラ>

マチューは口を開けてくれません。で、マチューは抱きかかえ耳と頭を左手で抑えて少し上を向けさせ、ラキサトーンを5mm位を右手の人差し指にとり、鼻の下に塗ります。自分で鼻の下を舐めてくれるのを待ちます。舐めて無くなったら同じことを繰り返します。これを8〜10回繰り返します。注意は鼻の穴につかないようにすること、呼吸ができなくなっってしまうので。

ニコラはマチューよりさらに手がかかります。毎回慣れるのに時間がかかるタイプで、まずほんの少しを鼻の下につけて匂いを思い出してもらいます。それを2回繰り返すとちょっと思い出してくれるのかおとなしく舐めてくれるようになります。3回目からは5mm位にしてマチューと同じく8〜10回。

それぞれの個性に合わせてできるようになるのに半年かかりましたが、今では特徴がわかり週2回のラキサトーンも9頭で30分位でできるようになりました。

<手の出せないお二人さん、ココとギエム>

ココは抱かせてくれないのと、異物にはパニックを起こすのでラキサトーンは無しです。ネコの元気草をたくさん食べてくれるので大丈夫だろうと思っています。

ギエムは抱かせてくれるのですが、口を開けようとするとパニックを起こすのでラキサトーンは無しです。草は食べませんがウェット大好きで毛玉もほとんど吐かないですしブラッシングもさせてくれるので大丈夫だと思います。

ファミリーのふわふわと飛ぶ毛はマ◯タのハンディークリーナーに助けてもらっています。マ◯タの音でもビビって逃げ回るので、ダ◯ソンなんて出すだけで逃げ回ります。スイッチを入れようものなら、吹っ飛びます。

マフィンさんは音に弱い❣…でも耳が良いから小さな音でも、もの音がする方に興味を惹かれファミリー大移動もしょっちゅうです。